いらっしゃいませ ゲスト 様

【常楽酒造】熟睡 JORAKUヴィンテージ1989

【常楽酒造】熟睡 JORAKUヴィンテージ1989
  • ※商品の画像は実物と多少異なる場合がございます。
  • kumamoto

■大正時代から続く蔵元
大正元年に熊本県球磨郡水上村湯山にて本格焼酎の製造を開始し、以来大量生産ではなく原料や品質、製造方法にこだわって米・麦・芋の焼酎やリキュールを製造し販売しています。

安定した味わいの焼酎を造るため、常楽酒造では温度変化の少ない地中にタンクを埋めるという方法を採用して焼酎造りが行われています。樫だるで長期貯蔵することで焼酎原酒が穏やかに熟成します。

■杜氏(とうじ)の思いと努力が詰まった米焼酎
杜氏(とうじ)は原料の選別やこうじやモロミの温度管理をはじめ、蒸留や貯蔵、熟成まで、焼酎造りのほぼ全ての工程の責任者として行う重要な役割を担っています。
常楽酒造の杜氏(とうじ)の一人、蔵座幸一さんは伝統に則った製造方法にこだわりを持ちながら、同時に焼酎の味と香りを追求し続けています。

■25年の熟成を経て完成した香り豊かなリキュール
「熟睡 JORAKUヴィンテージ1989」は1989年から25年もの間貯蔵庫の隅で熟成された逸品。元々米焼酎のこのお酒は、時間の流れと共に焼酎の透明度を示す指標基準に満たないほどの色に変わってしまい、焼酎としての出荷が難しくなったためリキュールとして販売されています。ボトルから見える琥珀(こはく)色からもその濃厚な味わいを想像することができます。
独特の香りや甘みを持ち、ロックでいただくと口のなかに広がる香りをより深く感じることができるためおすすめ。チーズやナッツ類との相性が良く、ついつい手が伸びてしまうおいしさです。

■おすすめの飲み方
独特の香りや甘みを持つ「熟睡 JORAKUヴィンテージ1989」は飲み方によって異なる味わいを楽しむことができます。
たとえば、ロックでいただくと口のなかに広がる香りをより深く感じることができます。チーズやナッツ類との相性が良く、ついつい手が伸びてしまうおいしさです。また、濃厚な味わいを楽しみたいという方は、少量をストレートでいただくのがおすすめです。
少し香りを和らげていただきたいときや、より爽やかな口当たりを楽しみたいときには、ソーダやトニックウォーターで割っていただくのも良いです。

■特別なシチュエーションに贈りたいリキュール
高級感のある深い香りと味わいで、還暦のお祝いや引っ越しのお祝い、年中行事の贈り物としてもおすすめです。お酒好きの方にはたまらない商品です。いろいろな呑み方ができる「熟睡 JORAKUヴィンテージ1989」で“至高の一杯“をお楽しみください。

価 格
税込 10,800
(本体価格: 10,000円)
商品内容
リキュール39度、720ml×1。〈常楽酒造〉

[荷造総重量1.7kg]
100p0229
お届け情報

数量は、注文手続き画面で入力します。
  • 掛紙・のしの指定可能
  • GMO後払い可能商品

商品に付くマークのご説明

補足情報
※20歳未満の飲酒は法律で禁じられております。
  • 254-1012-021
くまもとのココロ おもてなし 鶴屋オンラインストア
  • ご利用ガイド

お電話でのお問い合わせ

096-327-3215

午前10時〜午後7時

メールでのお問い合わせ