くまもとのココロ おもてなし 鶴屋オンラインストア

イロドリギフト

イロドリギフト

お盆に関する“知っておきたい”あれこれ

そろそろお盆の時期ですね。改めてお盆について考えてみると、意外と知らないことも多いのでは? 今回は、知っておきたいお盆、特に初めてのお盆にまつわるあれこれをご紹介します。

お盆とは祖先の霊を供養する行事です。旧暦の7月15日頃、現在の8月15日のお盆の時期には祖先の霊が子孫や家族の元に帰って来るとされ、 盆の入り(8/13)には迎え火を焚き祖先の霊をお迎えし、盆明け(8/16、地域によっては8/15)には送り火を焚いて送ります。 火を焚くことは、先祖の霊が行き返りの道を迷わない為とされています。

熊本のお盆は地域によって、7月盆と8月盆に分かれます。7月盆の場合も、13日に迎え火を焚き、15日もしくは16日に送り火を焚くのが一般的です。 お盆の過ごし方は地域やご家庭によって風習が異なります。

日本のお盆は、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)に神道の祖先崇拝や豊作に感謝するなどの農耕儀礼など古くからの様々な風習が合わさって形作られたと考えられています。 夏の風物詩「盆踊り」も、平安時代、空也上人によって始められた踊念仏が、民間習俗と習合して念仏踊りとなり、 それが盂蘭盆会の行事と結びついて、この時期精霊や死者を供養する行事として定着していきました。

また「お盆休み」という慣習は、遠い昔、奉公人が主人ら休暇をもらって田舎に里帰りする「藪入り」が起源であるという説や、 仏教において地獄の看守も休みを取る「閻魔の賽日(えんまのさいじつ)」がお盆の時期だったことが影響しているという説があります。

以上諸説ありますので、ご参考までに!

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆を「初盆」といいます。(地域によっては、新盆と呼ぶ場合もあります。) ※亡くなってから四十九日以内にお盆がくれば、その年ではなく翌年が初盆となります。

お盆の供養は毎年行われますが、初盆は故人が亡くなってはじめての里帰りなので、盆棚と呼ばれる祭壇や盆棚(精霊棚)を設けて盆提灯などの設置をします。 盆の入りにお墓の掃除をして盆提灯に灯をともし迎え火を焚き、「白提灯」を飾ります。 (白提灯は、初盆の時にだけ使用します。)僧侶による法要行事の後に参列者(親族や故人と縁の深かった方々)でお墓参りをし、 その後に会食を行います。そして最終日に送り火をして故人を送り出します。

【知っておきたい、法要行事の服装マナー】
初盆の法要時の服装は、迎える側は正喪服、もしくは暑い時期なので準喪服を着用します。招かれる側は、施主の方より格上の格好にならないように気を付けて、略喪服などが望ましいでしょう。 略喪服とは、男性はダークスーツ、女性は黒やグレーなどのワンピースやセットアップです。靴はブラックパンプス、薄手の黒ストッキングを着用します。

詳しいブラックフォーマルについてのマナーはこちらから

初盆の法要の際に、香典や提灯代を頂いた場合、お供えのお返しは、いただいた金額の半額程度が一般的と言われています。 初盆に来ていただいた方々に引出物として持ち帰っていただくのであれば、半分〜1/3が目安となります。

持ち帰ってもらう場合は、あまり重すぎない消耗品(タオルや乾物類)などが好まれます。 お送りする場合はお菓子や調味料などの消えもの、高額な場合にはカタログギフトなども用いられます。

初盆は、故人が亡くなって日も浅く、思い出も鮮明だったりしますので、故人の好物を引出物にするというのもおすすめです。 「故人が好きだったものです。」と伝えてお渡しすると、故人を偲び、より近くに感じることが出来るのではないでしょうか?

のしについては、表書きを「志」とし、添え字に「初盆」「新盆」を入れることもあります。名入れは施主の「苗字のみ」もしくは「●●家」が一般的です。
※地域によって異なる場合がございます。

返礼のおすすめ品はこちらから