くまもとのココロ おもてなし 鶴屋オンラインストア

イロドリギフト

イロドリギフト

桃の節句におすすめ、華やかな和菓子3選

3月3日はひな祭り。
「ひな祭り」と言えば、雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べて女の子の健やか成長を祈るお祭りです。
今回は桃の節句の贈りものにもおすすめ、華やかな和菓子をご紹介します。

※ひな祭りとは?については、こちらの記事でもご紹介しています。

今年は、ひな祭りに欠かせない食べもののいわれや意味をご紹介いたします。

ちらし寿司
平安時代より桃の節句には現在のお寿司の起源とも言われている「なれ寿司」に、エビや菜の花を載せていろどりを良くして、 食べられていたそうです。 それが現代に受け継がれていくうちによい豪華でより見栄えのするものを求めるようになり、ちらし寿司へと変化していったと言われています。

はまぐりのお吸い物
はまぐりは、最初に対になっていた貝同士でないと絶対に合わないと言われており、 雛祭りにはまぐりのお吸い物を飲むのは、 「娘の将来は、素敵な男性と出会っていい結婚、いい夫婦生活が送れますように」という親の願いが込められていると言われています。

菱餅
菱餅は、雛祭りの起源とされている上巳の節句と共に中国から伝わった風習と言われています。 三色にはそれぞれ、赤は魔除け、白は清浄、緑は健康という意味があるそうです

白酒
白酒は元は「桃花酒」と呼ばれる桃の花を漬けたお酒で、桃は邪気を祓い長寿に通じる縁起ものと言われています。 よく間違われる甘酒は、アルコールが入っていない別物です。

諸説ありますが、いわれや意味を知ると、ひな祭りをお祝いする料理の味わい方も変わってきますね。

Net de OK「鶴屋吉信」雛祝い 一組入 1,620円

お茶菓子としてもお干菓子にファンが多い、鶴屋吉信。この季節にぴったりのお菓子、「雛祝い 一組入り」は、 是非おすすめしたい逸品です。
可愛らしいお内裏様と、お雛様。それぞれが描かれた一組の箱に散りばめられているのは、 結びやちょうちょの有平や、桜のコハク、落雁、すはまの花見だんご…。 色とりどりのお干菓子を紅白の金平糖とともに、お雛様をあしらった小箱に詰合せました。 小箱を開けた時、思わず笑みがこぼれます。
2箱1組。ついになっているので、箱を飾ってひな祭り気分を盛り上げることも出来ますよ。

<店頭>本館地下1階 和菓子売場 鶴屋吉信/(直通)096-327-3558

Net de OK「とらや」季節の羊羹(中型)・雛衣 1,944円

「羊羹」ときくと、ちょっと地味なイメージがありませんか?そんなイメージを覆してくれる羊羹が、 今回ご紹介する、とらやの季節羊羹・雛衣(ひなごろも)です。
平安時代、貴族の女性は衣を重ね、その色合わせの華麗さを競って楽しみました。こうした装束は 「十二単(じゅうにひとえ)」とも呼ばれます。 十二単の色の重なりは、その人のセンスの見せ所だったそうです。
3月3日の雛まつりにちなんだ、黄・緑・紅・白・紫の五色の意匠で表した羊羹「雛衣」。 箱を開けた時の嬉しい驚きと、その色づかいに魅了されること間違いなしです。

<店頭>本館地下1階 和菓子売場 とらや/(直通)096-327-3203

Net de OK「宗家 源吉兆庵」ひな祭り菓子一覧はこちらから

桃の節句に合わせて味わいたい、風流な和菓子があるんです。 それは、宗家 源吉兆庵の「ひいなあそび」という、桃をつかったお菓子です。
もちもちとした食感の優しい色味のひと口羊羹の中には、きざんだ桃の果肉が散りばめられていて、 なんとも華やかで贅沢なお菓子です。
この「ひいなあそび」をメインに、春をイメージした和菓子の詰合せが楽しめるので、贈り物にもおすすめです。 節句の内祝などで贈っても、喜ばれること間違いなしです。

<店頭>本館地下1階 和菓子売場 宗家 源吉兆庵/(直通)096-322-5170

今年のひな祭りは、老舗和菓子店の雛菓子を味わってみてくださいね。 店頭でも、さまざまな種類のお菓子を取り扱っていますので、是非ご覧くださいませ。