広島県 竹田ブラシ
広島県 竹田ブラシ
鶴屋オンラインストアトップ > Made In Japanの贈り物トップ > 広島県 竹田ブラシ

広島市の東部、安芸郡熊野町は、筆の里としてその名が知られている。
筆の歴史は江戸末期、農閑期に吉野(奈良県)や紀州(和歌山)へ出稼ぎに出ていた人が、その帰りに筆や墨を仕入れ、行商しながら自らも筆作りに係わったのが始まり。明治5年(1872)には学校制度ができて、いっそう筆が使われるようになった。
熊野筆は大きく4つの種類に大別される。一般的な書道筆、絵画用の画筆、記念品として作られる誕生筆、そして化粧で使用される化粧筆である。中でも化粧筆の分野は、異なる様々な技術体系の会社が多数存在するのが特徴的である。
女性なら、少なくても化粧筆の2〜3本は必ず持っているだろう。フェイスブラシやリップブラシ……。化粧する手順の数だけブラシがあると言っても過言ではない。
昭和22年(1947)創業の「竹田ブラシ」は、先代から化粧ブラシ専門メーカーとして和洋に限らず、さまざまな技術の吸収・改良を独自に繰り返し、その心は二代目・竹田史朗さんに継承されている。

ご購入はこちらから

化粧ブラシの毛質は色、太さ、硬軟とじつに多彩だ。ヤギ、イタチ、灰リス、馬の胴毛など、見た目だけでは素人には区別がつきにくい。それぞれの素材が持つ優れた特性をどのように生かすかが、製造のポイントである。 まず束毛の段階で、櫛などで綿毛や曲がった毛、粗悪な毛を取り除く。そして「コマ」と呼ばれる円筒形の道具に毛束を収めて穂先を作る。コマの内部には傾斜がつけられているので、トントンと何度か机上でたたくと穂先が傾斜の高低に沿って綺麗なカーブを描く。化粧筆は粉含みの良さや肌に触れたときの感触がとても重要なので、微妙に毛の長さが調整されてふっくらと丸みを帯びていたり斜めになっているのだ。その間、櫛を入れて、さらに隠れた綿毛や曲がった毛を丁寧に取り除く。櫛をかけると毛一本一本が自由になるので、筆の成形の精度が高くなる。それと平行して、さらに粗悪な毛を丁寧に取り除くのも重要な作業である。金具で締められた筆先が軸に取り付けられたら、最終工程は余分な毛が残らないよう浮毛取りがかけられて、一本のブラシが出来上がる。 コシのある筆は、たった一本で太く細く、ときには濃淡など自由自在の無限なラインを装うことができる。竹田ブラシは、パリコレのメイクを監修するトッププロから直接指名で製品依頼がくるなど、海外での活躍も目覚ましい。また内閣府からの依頼で、国民栄誉賞(2011年日本女子サッカー代表)の副賞の化粧筆を製作したことは記憶に新しい。「作業工程に改良を重ね、およそ熊野筆の伝統から離れているかもしれませんが、つねに手間ひまかけて、より良い製品を作ることを心がけています」(竹田さん) スリムなブラシや蓋付き、スライド式など新商品開発に意欲的な一方で、「日本の美」を意識した漆黒と紅の対比が美しいブラシ制作まで、竹田さんのブラシへの情熱と挑戦は、まだまだ続きそうである。

ご購入はこちらから
Made In Japanの贈り物トップに戻る