株式会社鶴屋百貨店 採用サイト

株式会社鶴屋百貨店 採用サイト

0120-193-268 エントリーはこちら

鶴屋の取り組み | Approach

鶴屋の取り組み

カンブリア宮殿の紹介

photo0

2017年1月5日(木)テレビ東京系にて放送の「カンブリア宮殿・新春拡大スペシャル 百貨店は、まだ死なない!」で鶴屋百貨店が紹介されました。

≫ ビジネスオンデマンドはこちら

100%熊本百貨店

photo1

熊本地震後に、「熊本を100%元通りの状態に戻したい」という思いで開設した、熊本復興応援サイト。 熊本地震で甚大な被害を受け、販路を絶たれた生産者と、「熊本のために何かしたい」という消費者を結びつけています。
≫ 詳しくはこちら

文化財修復のための支援金

photo2

熊本地震で大きな被害を受けた、熊本城などの文化財。熊本の復興、熊本県民の傷ついた心を癒すためには これらの早期の修復が欠かせません。そのために3年間で5億円の寄付をしています。これからも熊本と、 熊本のお客様とともに歩んでいきます。

鶴屋ラララ大学

photo3

大学と言っても、教室は鶴屋百貨店の中。先生は、鶴屋の従業員。色々なモノを扱う百貨店での仕事を通じて身に付いた、 お得な知識やスキルをちょっと楽しく、お客様にご紹介しています。
≫ 詳しくはこちら

誰もがサンタ。Santa All Stars

photo4

2014年からスタートしたクリスマスの募金活動。ただ募金箱を設置するのではなく、誰もがサンタということで ご来店いただいたお客様に代わって、子どもたちのために寄附をしています。
≫ 詳しくはこちら

熊本県世界チャレンジ支援基金

photo5

海外への挑戦を積極的に後押しし、グローバルな人材を育て、熊本の活力につなげていくための熊本県の取り組みに賛同しています。 専属契約を結んでいるKMA(熊本ミュージックアーティスト)の定期演奏会や、東館3階クラシックサロンの利用料の一部を寄附しています。
≫ 詳しくはこちら

地元学生とのコラボレーション

熊本大学(スコラチエロ)
photo6

熊本大学文学部コミュニケーション情報学科と鶴屋が合同で企画・運営しているこども向けのワークショップ・イベント。
プロジェクト名であるスコラチエロはイタリア語で「おそらのがっこう」を意味します。
定期的に子どもたちに楽しんでもらうためのイベントを開催しております。
≫ 詳しくはこちら

崇城大学(ショーウィンドウデザイン)
photo7

2014年からバレンタインシーズンに合わせて崇城大学芸術学部の学生の皆さんがショーウィンドウをデザインしています。 想いを感じる作品ができあがります。日頃学んでいることを実践する場とあって、毎年学生の皆さんの想いを感じる作品ができあがります。
≫ 詳しくはこちら

公益財団法人 鶴友奨学会

photo8

昭和49年に設立し、優秀な学生の持つ能力を十分に発揮することを願い、奨学金給付事業を行っています。 平成26年からは貸与から給付制に移行し、卒業後、早期の経済的自立も支援しています。
≫ 詳しくはこちら