営業のご案内

食の安全への取り組み 食の安全への取り組み 食の安全への取り組み
弁当、惣菜、刺身、寿司、豆腐、生菓子などの加工食品を店頭から 無作為に選び、衛生状況確認検査や食中毒菌検査(黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、大腸菌、サルモネラ属菌、カンピロバクター、O157等)
 鶴屋では厳しい自社基準を適用しています。衛生状況確認検査は、自社基準に適合しているかどうかを 確認するための検査です。基準不適合商品は直ちに販売を中止し、 改善後の再検査で基準適合を確認したうえで販売を再開しています。

検査期間:H30.5.1〜5.31

                                                                                                                                                                                                                    
衛生状況確認検査
商品名 基準 商品名 基準
絹ごし豆腐(豆腐) きゃらぶき(加熱惣菜)
竹輪(魚肉練り製品) 一夜漬(漬物)
アスパラとベーコンのサラダ(未加熱惣菜) サラダ(未加熱惣菜)
きぬ(豆腐) もずく酢(未加熱惣菜)
春雨の酢の物(未加熱惣菜) 竹の音(魚肉練り製品)
天草産生ひじきの煮もの(加熱惣菜) ちりこんかん(加熱惣菜)
ポテトサラダ(未加熱惣菜) ごぼう三角サンド(調理パン)
塩龍(豆腐) 忍者タコ丸くん(魚肉練り製品)
ほうれん草ごま和え(未加熱惣菜) シメコノシロ(生食用鮮魚介類)
ツナたまサンド(調理パン) やさいサンド(調理パン)
にぎり(寿司) 白和え(未加熱惣菜)
まぜごはんの具(加熱惣菜) おにぎり弁当(調理米飯)
(注)衛生状況確認検査(一般生菌数、大腸菌群数)について
は、鶴屋基準に適合、販売可を表します。
△は、基準超過が判明した後、直ちに販売を中止し、 改善後の再検査で基準適合を確認したうえで販売を再開したことを表します。
尚、本検査は商品の衛生管理状態を調べるもので、基準超過のものを食べて健康に影響が生じるものではありません。

検査期間:H30.5.1〜5.31

                                                   
食中毒菌検査
(※1 サルモネラ※2 腸炎ビブリオ※ 3 O157,O26,O111※4 黄色ブドウ球菌※5カンピロバクター)
商品名 結果 商品名 結果
一夜漬(漬物)※1.3 陰性 サラダ(未加熱惣菜)※1.3 陰性
シメコノシロ(生食用鮮魚介類)※2 陰性 ポテトサラダ(未加熱惣菜)※1 陰性
ごぼう三角サンド(調理パン)※1 陰性 にぎり(寿司)※2.3 陰性
ツナたまサンド(調理パン)※1.3 陰性 やさいサンド(調理パン)※1.3 陰性
おにぎり弁当(調理米飯)※3 陰性
※この他に、衛生状況確認検査実施の全商品について黄色ブドウ球菌を検査し、全て陰性でした。