お知らせ:
【鶴屋オンラインストア】 「GMO後払い」ご利用手数料改定につきまして

くわしくはこちらよりご確認ください。
くまもとのココロ おもてなし 鶴屋オンラインストア

予算 3,000円でお父さんが喜ぶギフトを

父の日の画像

父の日のギフト代は、どのくらいが相場なのでしょうか。一般的には1,000円から5,000円程度といわれていますが、今回はちょうど中間の3,000円で購入できる父の日ギフトに焦点をあててご紹介します。

まずはプレゼントする品物のカテゴリを決める

予算が決まったら、次は「どのようなものをプレゼントするか」を考えます。食品、お酒、小物、ファッション小物など、自分のお父さんはどのようなものをプレゼントしたら喜んでくれそうか、考えてみましょう。

おしゃれなお父さんにはファッション小物を

おしゃれが好きなお父さんには、ファッション小物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。そのなかでもネクタイピンは、ビジネスシーンでも活躍するのでおすすめです。ネクタイは柄に好みがあって選ぶのが難しい面もありますが、ネクタイピンはシンプルなデザインのものが多く、ネクタイよりも選びやすくなっています。ワンランク上のおしゃれを演出するファッション小物なので、おしゃれなお父さんはきっと喜んでくれるでしょう。

仕事を頑張るお父さんにはお仕事アイテムを

仕事を頑張るお父さんには、職場で役立つボールペンや革小物などがおすすめです。職場で手にしたときに、ふと家族のことを思い出してあたたかな気持ちになってくれるような、いつでも身近に置いておけるオフィス系のアイテムを贈ると良いでしょう。

食べることが好きなお父さんにはおいしい食べ物を

食べることが好きなお父さんには、食べ物や飲み物のギフトがおすすめです。甘いものが好きならお菓子を、コーヒーが好きならコーヒー豆を、お酒が好きなら少し高めのお酒を、というように、お父さんの嗜好を加味しながら選ぶと、より喜ばれるでしょう。事前にお父さんの好みをチェックしておくと、あまり迷わずに購入できます。

「ありがとう」を伝えることを忘れない

少々照れくさくても、お父さんの目を見て、きちんと「いつもありがとう」と言葉を添えて、プレゼントを手渡しましょう。遠方に住んでいて手渡しが難しい場合は、プレゼントにメッセージカードを添えて発送するサービスも提供されています。

ありがとうの気持ちを伝えることが、父の日の目的です。お父さんにとって、子どもたちからの「ありがとう」が、最もうれしい言葉でしょう。

贈る前に知っておきたい「父の日」のこと

「鶴屋の父の日」TOPはこちら