お知らせ:
【鶴屋オンラインストア】 「GMO後払い」ご利用手数料改定につきまして

くわしくはこちらよりご確認ください。
くまもとのココロ おもてなし 鶴屋オンラインストア

今年の母の日は「花言葉」で選ぶ

「ありがとう」をカタチにする日。|鶴屋の母の日|MOTHER'S DAY

花言葉に思いを込めて

今年の母の日は、いつもとは少しおもむきを変えて、花言葉で花を選んでみませんか。母の日に贈りたい、すてきな花言葉を持つ花はたくさんあります。

「母」をイメージして選ぶ

花を選ぶ際に、お母さまのイメージにぴったりの花言葉を持つ花を贈ってみてはいかがでしょうか。「毎年カーネーションになってしまう」という方には、ぜひおすすめです。それでは、母の日にふさわしい花言葉を持った花を紹介していきます。

赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」

母の日といえば、イメージするのは赤いカーネーションではないでしょうか。カーネーション自体の花言葉は「無垢、純粋な愛」ですが、カーネーションには花の色ごとに、それぞれ花言葉があります。

・赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」
・ピンク色のカーネーションは「感謝・上品」
・紫色は「誇り・気品」

などです。色によって、さまざまな意味があることを覚えておきましょう。

元気で美しい母に「紫陽花」

梅雨入り前に訪れる母の日に、紫陽花の鉢植えギフトを贈る方も多くいらっしゃいます。紫陽花の花言葉は、青色が「強い愛情」で、ピンク色が「元気な女性」です。母の日では、花言葉からピンク色の紫陽花が好まれる傾向にあります。咲き始めからさまざまな表情を見せてくれる紫陽花は、長い年月楽しむことができる花として喜ばれるフラワーギフトです。

幸福が飛んでくるような「胡蝶蘭」

まるで蝶々が飛んでくるような可憐な花の形から「胡蝶蘭」と名づけられた花です。「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」という花言葉を持っています。色によっても花言葉が異なり、白は「清純・純粋」、ピンクは「あなたを愛します」です。見た目が華やかなため、贈り物としてもよく使われます。母の日にもふさわしい花といえるでしょう。

美しさの象徴「薔薇(ばら)」

薔薇は、5月に咲き誇る美しい花として、大変人気がある花です。赤い薔薇は「愛情・情熱」、オレンジは「信頼・絆」、ピンクは「上品・愛の誓い」と、色によってさまざまな花言葉を持っています。そして、薔薇の本数によっても込められる意味が違ってきます。たとえば、5本では「あなたに会えて良かった」という意味になるようです。薔薇の花を贈る時には、よりお母さまのイメージに合ったものを選ぶと良いでしょう。

フラワーギフトの選び方

近年、フラワーギフトもさまざまな種類のものが出てきました。今年は生花ではなく、新しいスタイルのフラワーギフトを選んでみるのもおすすめです。

プリザーブドフラワーで美しさを残すギフトを

プリザーブドフラワーは、生花が最も美しいとされる時期に特殊な加工を施したもので、さまざまな記念日にも用いられています。枯れることがなく水やりも不要と、手入れが大変簡単なうえに、美しい状態を長く楽しむことができると人気です。

ハーバリウムでみずみずしい美しさを

ハーバリウムは、プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスのボトルに入れ、専用オイルを流し込んで作られるものです。みずみずしく清涼感があり、美しい状態で花を長く鑑賞できるのでおすすめです。

母の日にふさわしい花言葉を持つフラワーギフトを

母の日のフラワーギフトとして、お母さまのイメージに合った花やお母さまが好きな色の花を選ぶのも喜ばれることと思います。渡す時にはなぜこの花を選んだのか、その理由をぜひ伝えましょう。

また、お花を贈る際には、スイーツや雑貨など、ちょっとしたプチギフトを添えることもおすすめです。

贈る前に知っておきたい「母の日」のこと

「鶴屋の母の日」TOPはこちら